カランドリエ

上井草 トパーズオーブン ルビーオーブン

パヴァイエのオーブンなどはウチの大きな戦力。 フルに使って、生産性を上げていきたいですね。

昨年6月に東京都杉並区の上井草の駅前商店街にオープンした『菓子屋カランドリエ』。

オーナー・シェフは地元出身で、この商店街に愛着を持っている指田さんで、店舗は約20坪あり、売場から窓ガラス越しに厨房で働く指田さんの姿が見える。

厨房の正面にはパヴァイエ社のデッキオーブン《ルビー》とコンベクションオーブン《トパーズ》が置かれていて、

「以前に働いていた職場でパヴァイエ社のコンベクションを使っていましたけれど、焼き色が良く、焼きムラも出ませんし、クッキーなども均一に焼け、ロスが出ないのが魅力で、焼成時間も短く、生産性が良いと感じていました。

ですから、自分の店でどのコンベクションオーブンを使おうかと考えた時、迷わず《トパーズ》に決めたんです」

また、デッキオーブン《ルビー》は、4枚差し・2段で、\r\n「将来を考えて2段にしました。温度の上がりも早いですし、扉が1段ずつ2枚に分かれているので、片方ずつ開閉することで温度があまり下がりません。

おはようタイマーも付いているので、将来、従業員を雇った時、朝来る時間が遅くて済み、労働時間の短縮になると思っています」

また指田さんは、フーンヴェッド社の洗浄機も導入している。

「洗浄機は、製造が僕1人なので、絶対に必要。コンパクトでパワフルなフーンヴェッド社のものを選びましたが、30コートのミキサーボウルやプラックも6枚入って、便利ですね」

その他、壁際の作業台にはドーシーター《ロンド》が置かれていて、「コンパクトで、狭いスペースでも使え、3cm間隔で開くのでパイ生地が折り込みやすいんです。

ウチのシュークリームはパイ生地なので、毎日使っています。掃除もしやすく、使い勝手は抜群ですね」

指田さんにとって、パヴァイエ社のオーブンやフーンヴェッド社の洗浄機、ドーシーター《ロンド》は大きな戦力。フルに使うことで生産性を上げ、商圏を徐々に拡大していきたいと考えている。

「新たに上井草駅に看板を出して店の認知度を上げ、店舗の上階に部屋を借りて包材置場や休憩スペースにする予定で、環境を整えて、売上げを伸ばしていきたいと思っています」